信経(ニケヤ・コンスタンチノポリ信経)

我信ず、ひとつの神・父、全能者、天と地、見ゆると見えざる万物を造りし主を、

また信ず、ひとつの主、イイスス・ハリストス、神の独生の子、万世の先に父より生まれ、光よりの光、真の神よりの真の神、生まれし者にて造られしにあらず、父と一体にして万物彼に造られ、我等人々の為、また我等の救いの為に、天より降り、聖神及び童貞女マリヤより身をとり、人となり、我等の為にポンティ・ピラトの時、十字架に釘打たれ、苦しみを受け葬られ、第三日に聖書に叶いて復活し、天に昇り、父の右に座し、光栄を現して生ける者と死せし者を審判する為にまた来たり、その国終わりなからんを、

また信ず、聖神、主、生命を施す者、父より出で、父及び子と共に拝まれ讃められ預言者をもってかつて言いしを、

また信ず、ひとつの聖なる公なる使徒の教会を、

我認む、ひとつの洗礼もって罪の赦しを得るを、

我望む死者の復活、並びに来世の生命を、

アミン。